男の人

デイサービスを安定して経営させるために必要なノウハウ

レジスター

お店のレジのシステム

レジの会計システムのPOSは種類によって導入費用が異なり、10万円以下の初期費用で済むものもあれば、100万円以上の専用機もあります。導入の手間もシンプルなものほど簡単で、逆に高価で高機能なものだとメカニックによる支援が必要となります。自分の店に見合ったタイプの端末の選定が重要です。

店員

新しく店を始める

店舗開業で必要な基礎知識としては、事業計画書を立てて、それを元に開業コンサルタントを活用します。その二つに気をつけて店舗開業を行えば、後は細かい手続きなどをコンサルタントに代行してもらえるので意外なほど簡単に開業できるでしょう。

需要はあるが収益が小さい

施設

収益性が低いビジネス

高齢化社会になるにつれて需要が高まっているのがデイサービスです。しかしデイサービスは簡単に経営を軌道に乗せることは難しくなっています。その一つはデイサービスを営む企業は法人格を有していることが条件になっているからです。福祉法人などサービスに特化した法人であれば、信頼度を高めることができるようになります。また助成金の額も異なるため、メリットが多いのですが、法人格の取得には時間や費用が掛かります。経営を軌道に乗せるためには、初期資産も多額の準備が必要です。その多くは、介護保険料などで賄われます。しかしその支払いは数か月先になることが一般的なのです。そのため、すぐに収益として入手することができないのです。また、収益性が低いこともネックになっています。新規オープンの場合、信頼度がない場合には、需要はあっても顧客厚めに苦労します。そのため、フランチャイズなどの形式を利用することで解決させることができますが、収益性が低い中でのロイヤリティの支払いは、負担になります。そのため、デイサービスをフランチャイズスタイルで開業し、経営することはあまりお得ではないのです。経営はいかに集客を行うのかにつきます。そのため、少しでも顧客集めを行わなければなりません。立地面も考慮する必要があります。都心部では土地が高額であるため、維持費がかかります。しかし郊外では利便性が低く、従業員を含めて集めにくくなる欠点があるのです。

施術

オープンまでの道のり

資金の計画が整骨院開業には大事になります。事業のシミュレーションをしておくことで計画が可視化されます。また、適した物件選びや治療機器の選定なども行っていきます。予算と時間を考え、計画的に開業ステップを踏んでいくのです。