ウーマン

デイサービスを安定して経営させるために必要なノウハウ

お店のレジのシステム

レジスター

導入の流れを解説

レジの会計システムの中でもPOSというシステムは聞き覚えのある方、またはお仕事で使われる方もいらっしゃるでしょう。POSとは、売り上げや在庫の管理、更にはそれらのデータの分析をするシステムです。POSを導入するにはどれくらいの費用がかかるのか、更には導入の流れについてここで解説していきます。まずは費用ですが、POSには大きく分けて2種類あります。まずはタブレット型。基本機能のみが備わっており、低スペックでシンプルな種類です。ただし、高機能なタブレットのPOSシステムもあり、こちらは値段も上がります。もう一種類はPOS専用端末機で、高価ではありますが高機能です。タブレット端末は初期費用が10万円を切る場合もあり、一方の専用端末では初期費用で100万円を超える場合もあります。次に、導入の手続きですが、タブレットの場合はアカウント登録やアプリのダウンロード、各種設定を行えば完了となります。あとは追加したい機能を別料金を支払った上で追加していきます。シンプルなシステムなので簡単です。一方の専用機ですが、こちらはメカニックよる設置作業、操作方法の説明などを受けることになり、説明書を片手に一人で作業完結とはなりませんので、メーカーの担当者による支援が必要になってきます。事前の打ち合わせ、どのタイプの端末が良いのか、どのように設置するのか、操作方法など、手取り足取り教えてもらうことになります。POSシステムの初期の費用、導入の流れを説明しましたが、お店の売り上げ管理に関わる重要なシステムなので、お店の規模や種類、特徴をよく把握し、どのタイプのものがベストなのかをよく考えていくことが重要です。